「ゴシップガール」のレイトン・ミースター、実母との裁判に勝訴

最新ニュース

レイトン・ミースター、ニューヨークにて
  • レイトン・ミースター、ニューヨークにて
人気海外ドラマ「ゴシップガール」のブレア役でおなじみのレイトン・ミースターが、母親との骨肉の争いを繰り広げた法廷劇に勝訴した。

レイトンは2011年7月、脳の病気で治療が必要な17歳の弟・アレクサンダーのために、毎月7,500ドル(約58万円)を仕送りしていたにも関わらず、母親のコンスタンス・ミースターはそのお金を美容整形手術などを受ける費用に使ってしまったことを法廷に訴えていた。それに対してコンスタンスは、娘のレイトンが自身に月1万ドル(約79万円)の仕送りをする口頭での契約を結んでいたと反論。12月にも母のコンスタンス側がレイトンに対する反訴を棄却していたものの、反対にレイトンは自身に母親の扶養義務がないことを法的に証明するため、母親を追訴とまさに泥沼状態に。

ゴシップサイト「TMZ.com」によれば、本件を担当したグレゴリー・アラクロン判事は6月6日(現地時間)に、レイトン側に母・コンスタンスに一銭も支払う妥当な合意はなかったとの判決を下した。

レイトンはこのほか、弟のアレクサンダーの親権も訴えているという。ある関係者は「レイトンは母親に失望し、弟のアレクサンダーをこの窮状から抜け出させようと決意したようですね。レイトンは弟にカリフォルニアにある実家で母親と暮らすのを止めて、彼女の住むニューヨークに来てほしいと思っているようです」と語っている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top