【ハリウッドより愛をこめて】トム・クルーズ&キャメロンがスパイ映画で再タッグ!

最新ニュース

5月21日、息子のコナーとバスケ観戦を楽しむトム・クルーズ -(C) Splash/AFLO
  • 5月21日、息子のコナーとバスケ観戦を楽しむトム・クルーズ -(C) Splash/AFLO
みなさん、こんにちは!

まずは、トム・クルーズの最新ニュースから。代表作『ミッション・インポッシブル』シリーズから3年、彼は20世紀フォックスとまた新たなスパイ映画を作るそうですよ! 本シリーズのファンには残念ですが、これは『M:i:4』ではないよう…。『Wichita』というタイトルで、キャメロン・ディアス共演、ジェームズ・マンゴールド監督のもと、2010年の夏に公開される予定。関係者によれば、トムとキャメロンは脚本を承諾しており、既に最終的な契約交渉の段階にあるようですよ。映画はアクション・コメディで、キャメロン扮する独身女性と、彼女の生活に出没するシークレット・エージェント(トム)を中心に物語が進むみたいです。一流俳優の二人がタッグを組むのは、素晴らしいチームワークを見せた『バニラ・スカイ』('01)での共演以来とのこと。

さて話は変わり、新『フットルース』の進捗ニュースを。先日の記事で、この80年代の名画リメイクで「ゴシップガール」のチェイス・クロフォードが(ケヴィン・ベーコンのパートである)主演を務めることをお伝えしましたね。最近、「Entertainment Weekly」誌で彼はザック・エフロンの降板の代わりにこの役を獲ったことを明かしました。チェイス曰く「ザックと僕はいい友達で、彼が『フットルース』を降板したのは、いまの彼のキャリアにとって最良の道を考えてのことだよ。ザックは“ミュージカル俳優”だけとして知られたくないんだ」と。さらに、彼は5時間にもわたる、厳しいダンスと歌のオーディションを経てこの役を勝ち獲ったことを明かしました。この映画のオリジナル版が公開された1984年には、まだ彼は生まれてもいないことを考えると、ちょっと不思議な気持ちになりますね!

オリジナルを知っている方なら、本作の素晴らしいサウンドトラックも覚えていることでしょう。ケニー・ロギンスのベストヒット曲「フットルース」やデニース・ウィリアムズ の「レッツ・ヒア・イット・フォー・ザ・ボーイ」、アン・ウィルソン&マイク・レノの「パラダイス〜愛のテーマ」などなど。これに対して、今回はどんなサウンドトラックとなるのか? 本作のプロデューサー、クレイグ・ゼイダンによれば、元祖『フットルース』で使用された楽曲は新バージョンに生まれ変わり、これに加え、新たに書き下ろされる曲もあるそうです。これは大きなヒットになる予感! もう待ちきれません。

気になるヒロインはまだ決まっていないのですが、有力なうわさだと、人気テレビ番組「Dancing With the Stars」で優勝経験を持つ、キュートで全米で人気抜群のカントリー系歌手・ダンサーのジュリアン・ハフが演じるのでは? とのこと。さらに、このリメイク作にはオリジナルキャストも登場するともうわさされています。楽しみですね! 実は、このオリジナルには、あのサラ・ジェシカ・パーカーも出ているんですよ!



5月21日、息子のコナーとバスケットボール観戦を楽しむトム・クルーズ

© Splash/AFLO
《text:Lisle Wilkerson》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top