最新ニュース インタビュー記事一覧(86 ページ目)

「あえて面白く表現しない面白さ」『歓喜の歌』の小林薫が語る“面白さの量” 画像
インタビュー

「あえて面白く表現しない面白さ」『歓喜の歌』の小林薫が語る“面白さの量”

いま、最もチケットが取れないと言われている落語家・立川志の輔の同名新作落語を映画化した『歓喜の歌』。年の瀬迫る12月30日、小さな町の市民会館を舞台に、そこで働く飯塚主任が被るトラブルの数々を面白可笑しく描いた本作。優柔不断で事なかれ主義、責任逃れが常套手段という、ちょっとダメな男、飯塚主任を演じた小林薫さんに話を聞いた。

「気持ちの奥の奥の僕の根本的なものを出し切った」大東俊介『リアル鬼ごっこ』を語る 画像
インタビュー

「気持ちの奥の奥の僕の根本的なものを出し切った」大東俊介『リアル鬼ごっこ』を語る

日本で一番多い名字、佐藤。その“佐藤”姓を持つ者だけが鬼ごっこの標的にされ、捕まると殺されてしまうという奇抜な設定で描かれる『リアル鬼ごっこ』。ベストセラーとなった山田悠介の同名小説を構想と脚本に2年費やし映画化された本作で、佐藤洋を演じた大東俊介に話を聞いた。

「世界がこうあってほしいという願いを投影した」ニコラ・フィリベール、自作を語る 画像
インタビュー

「世界がこうあってほしいという願いを投影した」ニコラ・フィリベール、自作を語る

被写体に寄り添ってその内面をじっくりと映し出す、現代最高のドキュメンタリー作家の一人、ニコラ・フィリベール。銀座テアトルシネマでは、“ニコラ・フィリベールのまなざし〜正しき距離”と称して同監督の過去の作品の数々を上映中。さらに、2月2日(土)からは日本初公開となる1994年の『動物、動物たち』が、2月9日(土)からは最新作『かつて、ノルマンディーで』(写真右下)が公開される。『かつて、ノルマンディーで』は、30年以上前にフィリベール監督自身が助監督として参加した『私 ピエール・リヴィエールは母と妹と弟を殺害した』の出演者たちの足跡を追う、いわば監督自身の映画の原点をたどる作品。本作について監督に話を聞いた。

『ラスト、コーション』のワン・リーホン「演じているときは背中が痛かった(笑)」 画像
インタビュー

『ラスト、コーション』のワン・リーホン「演じているときは背中が痛かった(笑)」

ミュージシャンとして活躍し、アジアで絶大な人気を誇るワン・リーホン。その一方で、『SPY_N』や『拳神/KENSHIN』などに出演、2003年にはGacktとHYDEの『MOON CHILD』で日本映画にも出演したことがある。そんな彼がアン・リー監督の『ラスト、コーション』で本格的に映画界へ進出した。

“探偵”にはちょっと足りない(?)竹内結子『チーム・バチスタ』で“しまった!” 画像
インタビュー

“探偵”にはちょっと足りない(?)竹内結子『チーム・バチスタ』で“しまった!”

東城大学付属病院では心臓手術、“バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチスタ」が驚異的な成功率を誇っていた。しかし、3例続けて術中死が発生。病院は、この件について内部調査することを決定した。調査員として選ばれたのは、メスを持てない、外科手術の知識もない心療内科医の田口公子。果たして調査は順調に進むのか、そして、結末は? 海堂尊の同名ベストセラーの映画化『チーム・バチスタの栄光』で田口を演じた竹内結子に話を聞いた。

「“L”のママチャリ姿は必見です!」Lを振り回す福田麻由子の女優魂 画像
インタビュー

「“L”のママチャリ姿は必見です!」Lを振り回す福田麻由子の女優魂

待望のスピンオフ作品『L change the WorLd』で、あの“L”を時に振り回す美少女・二階堂真希を鮮烈に演じた福田麻由子ちゃん。父親を目の前で殺され復讐を心に誓うという、かなりハードな役どころだ。

「スピード感もあって、爽快な気分になれる映画」斉藤慶太が走り屋を演じる 画像
インタビュー

「スピード感もあって、爽快な気分になれる映画」斉藤慶太が走り屋を演じる

蕎麦屋やラーメン屋の出前用はもちろん、街中でもよく見かけるバイク、スーパーカブ。ごく庶民的なバイクがレースの中心となる『SUPER CAB スーパーカブ』が公開中だ。本作で、元・走り屋でありながら、スーパーカブを駆使した出前ライダーとなる武史を演じた斉藤慶太に話を聞いた。

「脚本も面白くて、映画になるのが楽しみだった」荒川良々『全然大丈夫』を語る 画像
インタビュー

「脚本も面白くて、映画になるのが楽しみだった」荒川良々『全然大丈夫』を語る

その風貌と雰囲気で観る者に大きなインパクトを与える個性派俳優・荒川良々。松尾スズキ主宰の「大人計画」に所属し、舞台やドラマ、映画で活躍してきた彼の主演映画『全然大丈夫』が1月26日(土)よりシネクイントほかにて公開される。古本屋の長男で植木職人で、人を怖がらせることが大好きな照男を演じた荒川さんに話を聞いた。

アナソフィア・ロブ&ジョシュ・ハッチャーソンが語る『テラビシアにかける橋』 画像
インタビュー

アナソフィア・ロブ&ジョシュ・ハッチャーソンが語る『テラビシアにかける橋』

片田舎の貧しい家庭で育った少年・ジェスと、個性的で活発な少女・レスリー。現実社会に上手くとけ込めず、疎外感を感じていた2人は「テラビシア」という想像上の国を創り上げ、親友同士になっていく…。同名のアメリカ児童文学を映画化した『テラビシアにかける橋』。少年・少女が抱える葛藤や友情、想像力、そして生命の素晴らしさを描いた本作で、ジェスとレスリーを演じたジョシュ・ハッチャーソンとアナソフィア・ロブに話を聞いた。

松ケンからメッセージ到着 最新作『L change the WorLd』を熱く語る! 画像
インタビュー

松ケンからメッセージ到着 最新作『L change the WorLd』を熱く語る!

前後編で2006年の邦画NO.1となる大ヒットを記録した『デスノート』、『デスノート the Last name』。本作で主人公・キラと鮮やかな頭脳戦を繰り広げた、孤高の天才“L”の封印された最期の23日間を描く、『L change the WorLd』がいよいよ2月9日(土)より公開される。これに先駆けて、主人公“L”を演じた松山ケンイチから、シネマカフェ読者に向けて動画メッセージが届いた!

「随所にパンキッシュなメッセージがこめられている」実在のボクサーを演じた武田真治 画像
インタビュー

「随所にパンキッシュなメッセージがこめられている」実在のボクサーを演じた武田真治

1968年のメキシコオリンピックのボクシングバンタム級で銅メダルを獲得した森岡栄治。その後栄光の人生を辿るはずが、妻には逃げられ、借金を背負い、娘には嫌われ…。それでも飄々と自身の人生を生きたデカイ男、栄治の破天荒な人生を描いた『子猫の涙』。森岡栄治氏の実の甥である森岡利行が、原作、脚本、監督を務めた本作で栄治を演じた武田真治に話を聞いた。

「純度100%、男たちのガチンコのアクションです」坂口拓、『魁!!男塾』を語る 画像
インタビュー

「純度100%、男たちのガチンコのアクションです」坂口拓、『魁!!男塾』を語る

80年代から90年代にかけて週刊少年ジャンプ(集英社)に連載され、これまで2,600万部を売り上げた伝説の漫画「魁!!男塾」。熱き男たちの生きざまを描き“日本男児の教科書”とまで言われた本作がついに実写映画化された。主人公の剣桃太郎を演じ、監督も務めたのは、自らのアクションチーム「ZERO'S」を率い、国内のみならず世界でそのアクションが高い注目を集めている坂口拓。坂口監督に本作に込めた熱い思いを語ってもらった。

麻生久美子「出演の決め手はズバリ、ジャリリさんが好きだから!」新作でイラン人に 画像
インタビュー

麻生久美子「出演の決め手はズバリ、ジャリリさんが好きだから!」新作でイラン人に

その独特の雰囲気で多くのファンを持つアボルファズル・ジャリリ監督。監督の最新作『ハーフェズ ペルシャの詩』は、コーランを諳んじている者だけが授けられる称号“ハーフェズ”を与えられた青年・シャムセディンが主人公。彼は宗教指導者の娘・ナバートと恋に落ち、聖職者として禁じられている詩を詠んでしまったために称号を剥奪、そして追放されてしまう。それでもナバートを想い、またナバートもシャムサディンを想う美しいラブストーリーだ。本作で外国育ちのナバートを演じたのが、大人気TVドラマ「時効警察」で新たなファン層を掴み、映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』などの公開を控えている麻生久美子だ。

「最初は歌える確信がなかった」ジョニー&バートンが語る『スウィーニー・トッド』 画像
インタビュー

「最初は歌える確信がなかった」ジョニー&バートンが語る『スウィーニー・トッド』

先日の来日で、改めてその人気の高さを実感させたジョニー・デップ。長いキャリアの中でティム・バートン監督とのコラボレーションは今回が6度目となる『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』。常に新しいことにチャレンジし続けているこのゴールデン・コンビが本作で挑戦したのは“ミュージカル”だ。新しい分野に足を踏み入れたジョニーとバートン監督に話を聞いた。

「誰でも気持ちの上では非日常な部分がある」関めぐみ、チェーンソー男との闘いを語る 画像
インタビュー

「誰でも気持ちの上では非日常な部分がある」関めぐみ、チェーンソー男との闘いを語る

青春期に誰もが感じる焦燥感。大人から見れば、つまらないことで悩んでいるように見えても、本人たちにとってみれば、大きな大きな悩みなのだ。何となく毎日を過ごすことに嫌気がさし、そして自分の将来に対して持つ不安と苛立ち。そんな感情をリアルに、そして少しファンタジックに表現した小説「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」。謎のチェーンソー男と闘う日々を送る制服の美少女戦士、その少女にまとわりつく青年・山本陽介を描いた本作が映画化され、『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』として1月19日(土)より公開される。本作でその謎のチェーンソー男との闘いに挑み続ける雪崎絵理を演じた関さんに話を聞いた。

「『ビー・ムービー』はユーモアがあふれてる映画よ!」レネー・ゼルウィガーが語る 画像
インタビュー

「『ビー・ムービー』はユーモアがあふれてる映画よ!」レネー・ゼルウィガーが語る

『シュレック』シリーズや『マダガスカル』のドリームワークス アニメーション最新作はミツバチの世界を描いたカラフルなファンタジー・アドベンチャー。1匹の新米ミツバチ、バリーは大学を卒業したばかり。ハチミツ製造工場、ハネックス社に就職しなければならないのだが、ハチの世界では一度選んだ仕事は一生続けなければならない。「もっと外の世界を見たい!」と思ったバリーは生まれて初めて巣の外へ飛び出していく。そこで出会ったのが花屋を営むヴァネッサ。バリーは“人間と話をしてはいけない”という掟を破り、ヴァネッサに話しかけ友達になるのだが…。『シャーク・テイル』に続いてドリームワークス・アニメのボイスキャストを務めたレネー・ゼルウィガーに話を聞いた。

「彼はどこにでもいる普通の人」グリーナウェイ監督が『レンブラントの夜警』を語る 画像
インタビュー

「彼はどこにでもいる普通の人」グリーナウェイ監督が『レンブラントの夜警』を語る

門外不出の名画「夜警」を描き、美術史に燦然と輝く画家・レンブラントの栄光と、転落の謎に迫った映画『レンブラントの夜警』。本作の監督を務め、美術作家としても活躍するピーター・グリーナウェイに話を聞いた。

「これは壮大なコント。要潤が笑ったから笑っちゃった、が理想」要潤がジャガーを語る 画像
インタビュー

「これは壮大なコント。要潤が笑ったから笑っちゃった、が理想」要潤がジャガーを語る

たて笛をこよなく愛し、芸能事務所でたて笛の講師までしている(でもあまり吹かない)ジャガージュン市が主人公の超ガッカリ漫画「ピューと吹く!ジャガー」が実写化。主演のジャガーを演じたのは要潤。その意外なキャスティングに驚きつつ、要さんに話を聞いた。

『ナショナル・トレジャー2』のダイアン・クルーガー「ヒットしたら次もできるわ」 画像
インタビュー

『ナショナル・トレジャー2』のダイアン・クルーガー「ヒットしたら次もできるわ」

前作『ナショナル・トレジャー』でアメリカ独立宣言書に仕組まれた暗号に挑んだベン・ゲイツが、続編では、リンカーン大統領暗殺の謎に迫る。その名も『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』。本シリーズでニコラス・ケイジが演じるベン・ゲイツの恋人、アビゲイル・チェイスを演じているのが、『敬愛なるベートーヴェン』、『トロイ』のダイアン・クルーガーだ。

「普段は褒めない三國連太郎さんに褒められた」神山征二郎監督『北辰斜にさすところ』 画像
インタビュー

「普段は褒めない三國連太郎さんに褒められた」神山征二郎監督『北辰斜にさすところ』

『草の乱』、『大河の一滴』、『ハチ公物語』など感動の人間ドラマを多数手がける神山征二郎監督。映画的な興奮と面白さを提供しながらもその中に鋭い社会派の視点を持つという希有な映像作家だ。新作『北辰斜(ほくしんななめ)にさすところ』は旧制高校にまつわる物語。旧制第七高等学校(現・鹿児島大学)の野球部OBたちは創部100周年を迎えて、かつてライバルだった旧制第五高等学校(現・熊本大学)との記念試合を計画していた。OBたちは往年の名投手である上田に試合への参加を求める。だが上田はかたくななまでに申し出を断る。

コディを力強く後押し? 『サーフズ・アップ』サントラに参加したダーティ・ヘッズ 画像
インタビュー

コディを力強く後押し? 『サーフズ・アップ』サントラに参加したダーティ・ヘッズ

イワトビペンギンのサーファー、コディが、チャンピオンの座を目指して大会に挑むアニメ『サーフズ・アップ』。グリーン・デイ、ローリン・ヒルをはじめ、インキュバス、シュガー・レイ、パール・ジャムなど、様々なアーティストの楽曲が物語を彩っている本作だが、西海岸でNo.1の注目度を誇るオーガニック・ヒップホップ&レゲエ・バンド、ダーティ・ヘッズもシングル曲「スタンド・トール」を提供。「いつもプレイしているようなライブ会場とは雰囲気が違うから緊張しちゃったよ」という中、ジャパンプレミアでの演奏も披露したダーティ・ヘッズのボーカル、ジャレッド(写真右)とダスティン(写真左)に話を聞いた。

「ラストは撮影しながら何度も泣いた」マイク・バインダー監督が語る『再会の街で』 画像
インタビュー

「ラストは撮影しながら何度も泣いた」マイク・バインダー監督が語る『再会の街で』

ニューヨークの街角で偶然再会した大学時代のルームメイト、アランとチャーリー。しかしチャーリーはまるで別人のように変わり果てていた。実は事故で家族を失った悲しみから、社会をシャットアウトしてしまっていたのだ。アランはなんとか彼の心を開こうとするが、友人を必要としていたのはチャーリーだけではなかったことに気づかされる——。女性同士の友情がクローズアップされることが多い中、大人の男性の友情を描いた『再会の街で』。監督・脚本・出演の3役をこなしたマイク・バインダーに本作に込めた想いを聞いた。

  1. 先頭
  2. 30
  3. 40
  4. 50
  5. 60
  6. 70
  7. 81
  8. 82
  9. 83
  10. 84
  11. 85
  12. 86
  13. 87
  14. 88
  15. 89
  16. 90
  17. 91
  18. 最後
Page 86 of 97
page top