最悪の事態に発展か? J・ハドソンの甥行方不明事件で車の中から男児の遺体を発見

最新ニュース

ニューアルバムのプロモーションのためにN.Y.を訪れたジェニファー。 -(C) AFLO
  • ニューアルバムのプロモーションのためにN.Y.を訪れたジェニファー。 -(C) AFLO
24日に起きたジェニファー・ハドソンの母親と兄の殺害および甥・ジュリアン君の行方不明事件が、最悪の事態になってしまったようだ。27日、ジュリアン君が連れ去られる際に使用されたとみられるSUVが発見され、車内から男児の遺体が見つかったとシカゴ・トリビューン紙が報じている。

遺体の身元は27日現在確認されていないが、SUVのナンバープレートが事件後に警察が捜索していた車のものと一致している。前日の26日、ジェニファーはSNSのMy Spaceの自身のページに「みなさんの祈りと連絡に感謝しています。どうかジュリアンが無事に帰ってくるよう祈り続けて下さい。彼の所在について何か情報のある方はすぐに当局に知らせて下さい」というコメントとジュリアン君の画像2点を掲載、甥の無事帰還を願って、10万ドルの報奨金を提示したばかりだった。

シカゴ警察はジュリアン君の母・ジュリアさんの別居中の夫を含めた数人から事情聴取を行なっているが、夫は事件への関与は否定し、拘束時もジュリアン君と一緒ではなかったという。当初は容疑者扱いだった彼は現在、保護観察規定違反で拘引され、殺人容疑は取り下げられているらしい。

ジェニファーは10月29日のデビュー・アルバムの日本発売に合わせて31日からプロモーション来日を予定していたが、来日はキャンセルとなった。



写真は先月23日、ニューアルバムのプロモーションのためにN.Y.を訪れた際のジェニファー。

© AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top