ファッション小噺vol.113 あの名作のあのロケ地 香港&『ダークナイト』

最新ニュース

『ダークナイト』 -(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『ダークナイト』 -(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • ザ・ペニンシュラ香港
  • ザ・ペニンシュラ香港
  • 「ダークナイト 特別版」 -(C) 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
今回は、ちょっと趣向を変えてDVDの話題です。ファッションの話題ではありません。ごめんなさい。

というのも香港に行ってきたから。なぜ、香港とDVDかというと、「香港で『ダークナイト』を観た?」と訊ねられたから。もちろん観ました、『ダークナイト』。昨年は、某誌で「2008年ベスト3」を選んだ際に、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『パコと魔法の絵本』と共にランクインさせたほどのお気に入り。バットマンシリーズなのに、バットマンのバの字も出さないタイトル。ヒーロー映画、しかも娯楽超大作なのにとことん怖い。暗くて救いがないのに、女性受けもめっぽう良い。と、異例づくし。思い出すだけでも震えます。

香港では今回、ペニンシュラホテルを中心に取材してきたのですが、「『ダークナイト』を観た?」と聞いてきたのは実はお世話になったペニンシュラのスタッフ。「はい、もちろん! 大好き!!」と答えると、「あのヘリコプターのシーンは、ここで撮影されたんですよ」。はっとしました。そうだった、冒頭は香港だったではないですか。久しぶりに香港に来るというのに、うっかり失念しておりました。

帰国して、さっそく観返した私。確かに。ブルース・ウェインが、マフィアと繋がりのある取引相手を追って、香港に赴くシーン。彼の右腕であるフォックスが空から到着する際に、九龍島が空撮で登場しますが、そのヘリポートがまさにペニンシュラホテル。ここは、一般の旅行者でも使用可能。空港までの送迎なら、5人まで乗れて片道1,200香港ドル(約15,600円)。また、最近では新しいサービスもスタートさせています。有名なロビーのカフェ、the lobbyでのアフターヌーンティー(混んでいても並ばなくてOK)がついて、ヴィクトリア湾一周という5分の遊覧飛行が一人1,080香港ドル(約14,040円)。SPA by ESPAでの50分トリートメントと5分の遊覧飛行で一人1,680香港ドル(約21,840円)。なかなかリーズナブルですよね。しかも『ダークナイト』ファンなら、気分に浸るのにもってこいです。

今回は残念ながら、ヘリポートには行けませんでしたが、大好きな映画の近くにいるというのは、嬉しいもの。今度、ペニンシュラホテルに宿泊する際は、ぜひ利用してみたいと思います。ちなみに、バットマンがひらりと飛び降りる高層ビルは、国際金融中心第二期という正式名称を持つIFC。100万ドルと称される夜景が美しい香港でも、ひときわ目立つ印象的なデザインのビル。香港島にあるこちらへの観光もお勧めです。

なお、取材の記事は10月にverita誌上で掲載されます。お楽しみに! 特集はすでにスタートしているので、お立ち寄りを。

http://www.veritacafe.com/abroad/hongkong

今回ご一緒したスタイリスト、近藤亜子さんのブログで、香港取材の様子がチェックできます。
http://ameblo.jp/aco-kondo/archive-200908.html

旅ファッションも素敵なので、ぜひご覧くださいませ。

ダークナイト 特別版(2枚組・DVD)
価格:3,980円(税込)
発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

© 2008 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top