ペネロペ・クルス、母親になって仕事中毒から脱却「リラックスすることを覚えた」

最新ニュース

ペネロペ・クルス -(C) AFLO
  • ペネロペ・クルス -(C) AFLO
最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』が大ヒット中のペネロペ・クルス。同作撮影時は妊娠中で、今年1月に夫のハビエル・バルデムとの間に息子・レオくんが誕生したが、それを機に仕事中心の生活から解放され「リラックス出きるようになった」という。

「何年も仕事中毒の状態で、いつも疲れていたの」と「Closer magazine」誌上でふり返るペネロペは、出産を機に「生活のリズムを変えて、より楽しくバランスよく暮らせるようになったわ」と語る。「仕事をしていないと罪悪感を感じるなんてこともなくなった。以前はアメリカからスペインに戻ってきても、休暇をどう過ごせばいいのかも忘れてしまっていたくらい。バスルームに携帯を持って閉じ籠って、仕事のメールチェックばかりしていたから、家族はいつも私の携帯を取り上げようとしていたのよ」。

いまは生後5か月になるレオくんの育児を優先しているが、大好きな演技を仕事としている自身のキャリアについて「宝くじで一等賞を当てたくらいラッキー」と語るペネロペのこと。オンとオフのバランスをうまくとりながら、今後の活躍も期待できそうだ。



特集『パイレーツ/生命(いのち)の泉』〜新たな伝説の幕あけ〜
http://www.cinemacafe.net/special/poc4/

© AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top