『ハングオーバー』続編が“海賊”&“パンダ”をおさえ全米で記録ずくめの大ヒット

最新ニュース

『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES
  • 『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES
ブラッドリー・クーパー主演の大ヒットコメディの続編『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』が全米で公開を迎え、先週1位の『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』を超えるロケットスタートで初登場1位を獲得。初日から3日間で8,600万ドル(約69億円)を突破し、コメディ映画史上最高のオープニング記録を樹立したほか、4日間で1億ドル突破(1億1,809万円)し、1館当たりの興行収入も23,923ドル(約191万円)と今年No.1となった。

低予算ながらも異例の大ヒットを記録し、R指定映画の興行収入記録を塗り替え、ゴールデングローブ賞作品賞も受賞した『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の続編として期待を集めてきた本作。公開にいたるまでには、出演するサルに喫煙させたことで動物愛護団体から抗議を受けたり、世界的なタトゥーアーティストのS・ビクター・ウィットミルからは、前作でマイク・タイソンの顔に入れたタトゥーのデザインに関して著作権侵害で公開差し止めを求める訴訟を起こされるなどトラブルが続出! 1週前には『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』が公開され、同じ週には『カンフー・パンダ2』と3D作品がライバルとして立ちはだかったが、公開されてみたら、2位と4,000万ドル近く引き離しての大ヒットスタートとなった。

先述の初日3日間での歴代興行収入記録、2011年の1館当たりの収入No.1に加え、2D映画として2011年最高のオープニング成績も樹立。前作は全世界で4億6,700万ドルを稼ぎ出したが、今後、日本を含め海外でどのように受け入れられるのか注目が集まる。

2位以下では『カンフー・パンダ2』が4,800万ドルでスタート。『パイレーツ』は先週1週間でおよそ3,900万ドルと2週目にしてやや失速気味…。日本では大ヒットが続くが、北米でどこまで興行収入を伸ばすことができるか?

浅野忠信の出演が話題の『マイティ・ソー』は今週5位で累計で1億5,971万ドルに到達! だが、それを上回るのが6位の『ワイルド・スピード MEGA MAX』で1億9602万ドル超で2億ドルの大台まであとわずかとなった。

そのほか、カンヌ国際映画祭のオープニングを飾りウディ・アレンの新作で、キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムスに、仏大統領夫人のカーラ・ブルーニも出演の『Midnight in Paris』(原題)が2週目で7位に浮上した。

『パイレーツ』以外は日本でこれから公開される作品となるが、最も話題を呼び、観客を集めるのはどの作品になるか? 期待して日本上陸を待ちたいところだ。

『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』は7月1日(金)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top