トロフィーを手に笑顔の本木さんと脚本の小山薫堂さん。