日本人初! 『コララインとボタンの魔女』アニメ界のアカデミー賞で美術賞受賞 2枚目の写真・画像

ダークな世界観とユニークなキャラクターが世界中で愛されている『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が手がける新たなファンタジー『コララインとボタンの魔女 3D』。2月7日に発表されたアニメ界のアカデミー賞と称される第37回アニー賞において、本作のコンセプト・アートを担当したイラストレーターの上杉忠弘が日本人として初の最優秀美術賞を受賞する快挙を果たした。

最新ニュース
世界が消えていくシーン。このイラストを見て監督が上杉さんへのオファーを決めた。 -(C) Focus features and other respective production studios and distributors.
世界が消えていくシーン。このイラストを見て監督が上杉さんへのオファーを決めた。 -(C) Focus features and other respective production studios and distributors.

編集部おすすめの記事

特集

page top