イギリスで大ヒット!アン・ハサウェイ主演『ビカミング・ジェーン(原題)』

最新ニュース

070327_becoming_jane.jpg
  • 070327_becoming_jane.jpg
『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが「高慢と偏見」のジェーン・オースティンの若き日を演じた『ビカミング・ジェーン(原題)』。日本でも公開が予定されている本作が、3月9日にイギリスとアイルランドで拡大公開され、ロンドン中心部のウエストエンド地区での週末ボックスオフィスで、堂々の初登場第1位を記録した。このウエストエンド地区では20館で公開されており、公開2週目も客足は落ちず、第1位をキープ。週末3日間の興行成績は$124,063、1館辺りの平均が$6,203。18日までの累計興行成績が$417,021と順調に成績を伸ばしている。

イギリス、アイルランドの総合ボックスオフィスチャートでも、3月11日付けで初登場4位。週末3日間興行成績は$1,253,244(£631.330) 、1館辺りの平均が$3,753。2週目も順調で4位をキープ、18日までの累計はすでに$3,453,964に達するというヒットを記録している。

監督は『キンキーブーツ』のジュリアン・ジャロルド。共演には、『ラストキング・オブ・スコットランド』のジェームズ・マカヴォイ、『ハリー・ポッター』シリーズのジュリー・ウォルターズ、マギー・スミスなど、イギリス映画界を代表する実力派が並ぶ。全米でも8月3日より2,500スクリーン以上で公開される予定だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top