【どちらを観る?】アカデミー賞有力『マイレージ、マイライフ』vs『ハート・ロッカー』

最新ニュース

『ハート・ロッカー』 - (C) 2008 Hurt Locker, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ハート・ロッカー』 - (C) 2008 Hurt Locker, LLC. All Rights Reserved.
  • 『マイレージ、マイライフ』 - (C) 2009 DW STUDIOS L.L.C and COLD SPRING PICTURES. All Rights Reserved.
  • 『マイレージ、マイライフ』 - (C) 2009 DW STUDIOS L.L.C and COLD SPRING PICTURES. All Rights Reserved.
共にアカデミー賞作品賞にノミネートされている『マイレージ、マイライフ』と『ハート・ロッカー』。全くタイプの異なる2作が、本年度の映画賞を席巻している。

企業の依頼でリストラ対象者に解雇を通告する男をジョージ・クルーニーが演じた『マイレージ、マイライフ』は、空っぽな現代人の目覚めを描くヒューマンドラマ。解雇を通告するための出張フライトを来る日も来る日も続けながら、社会そのものにも見えるマイル社会を駆け上ってステイタスを得た男が、ふと立ち止まって自分の姿を見つめ始める。

ゴージャスな空の旅やホテル滞在を軽やかに楽しみ、女性との間にライトな関係を求め、どこまでもスマートに生きる主人公の姿はジョージ・クルーニーそのものにも見えるが、ハリウッドの中心で映画を作り、主演男優賞ノミネートという形で仲間に讃えられるクルーニー自身とはきっと異なる。しかしながら、小粋な会話劇の魅力で社会的な題材にぐいぐいと迫っていく作風はクルーニーにぴったりはまるものであり、脚本の段階から彼を想定していたというジェイソン・ライトマン監督の起用勝ちだと言える。「人はひとりで生きていけるのか?」を現代社会の中で見つめた作品は多いが、その答えを最も知的かつ思慮深く教えてくれる1作。

一方、イラクに駐留する米軍爆弾処理班の現実を描いた『ハート・ロッカー』は、キャスリン・ビグローの冷静な眼差しと機知に圧倒される戦争アクション。これ以上ないほどの危険な任務に身を投じていく男たちの心情が、何とも言いがたい緊迫感を湛えた戦場シーンと共に描かれていく。そこにあるのは戦争の現実に対する考察だけでなく、“男”の生態をずばっと大胆に物語る心理ドラマも。そんな中、有名スターと新進俳優が絶妙な配分でキャスティングされ、それぞれが予想外の展開を迎えていく意外性も、物語の緊迫感を高めるのに一役買っている。女性監督が放つ男のドラマという“意外性”に始まり、意外性として語ることが愚かしく思えるような意外性に溢れた本作で、ビグローはすでに女性監督として初の全米監督組合賞を受賞。この事実も、意外性として語ることが愚かしく思えるような意外性のひとつになりつつある。



特集:2010アカデミー賞
http://www.cinemacafe.net/special/oscar2010/
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top