【ハリウッドより愛をこめて】TBSドラマ「JAPANESE AMERICANS」撮影に同行!

最新ニュース

「JAPANESE AMERICANS」撮影現場  photo:Lisle Wilkerson
  • 「JAPANESE AMERICANS」撮影現場  photo:Lisle Wilkerson
  • 「JAPANESE AMERICANS」撮影現場  photo:Lisle Wilkerson
  • 「JAPANESE AMERICANS」撮影現場  photo:Lisle Wilkerson
  • 出演者のひとり、川島海荷さん。スーパーマーケットで“bread machine”をお試し中 photo:Lisle Wilkerson
  • 「JAPANESE AMERICANS」撮影現場  photo:Lisle Wilkerson
早くも夏が近づき、東京にお住まいのみなさんは春の暖かな気候を楽しんでいることでしょう! 私はというと…先日から引き続き、TBSのドラマの撮影のため、シアトルとモスクワ(アイダホ州に“モスクワ”なんていう名前の街があるなんていままで知らなかったですが…)を往復する日々を送っています。こちらの天気は、雪が二度降ったり、さらには雹(ひょう)が降った日も二度あるほどで、クレイジーな寒さです! まさか5月にダウンのロングコートを着るハメになるなんて思ってもみなかったけど、これが私の近況です(笑)。

ところで、このドラマのタイトルが「JAPANESE AMERICANS」に決定しました。今秋放送の予定です。自分が日本に住んでいたときにTVで見て育った素晴らしい日本の俳優の方々と一緒に仕事ができるなんて、このプロジェクトに関われて幸せです! 最近ご一緒した方は、物語の中で重要な役を務める中井貴一さん。中井さんはとても寛大で優しい方で、一緒に仕事ができて光栄です。中井さんと、市川右近さんを「リーちゃんツアー」(私、リーソルは2人に“リーちゃん”と呼ばれています!)と題してシアトルを2日かけて案内しました。

初日はまず、「アイバース・エーカーズ・オブ・クラムズ」に行き、シアトルに来たら一度は食べてもらいたい“名物”のクラムチャウダーを味わってもらいました。それから、スターバックスの第1号店がある、「パイク・プレイス・マーケット」までお散歩。ところが、とても混んでいたためここでコーヒーを買うのはあきらめて、代わりに通りの向かい側にあるタリーズコーヒーへ入り、私たちはここを“タリーズ第1号店”と呼ぶことにしました(笑)。中井さんと市川さんの2人と打ち解けられた一日となりました。

2日目は、シアトルの名所「スペース・ニードル」を案内し、そこからモノレールでダウンタウンにあるショピングセンターへとお出かけ。みんな、楽しそうに「Abercrombie & Fitch」で買い物を楽しんだ後、お腹がすいたのでホットドッグかハンバーガーを食べたいねという話になりました。そして、「Abercrombie & Fitch」のすぐ隣に素敵な屋台のホットドッグ屋さんを見つけ、全員分を注文。ホットドッグを食べながら「おいしいね」なんて話していると、突然の雨が! 私たちは雨宿りできる場所を探すために散らばり、自分たちの運の悪さを笑いました。しかし、そのとき一人が「ようこそシアトルへ! これがシアトルという街だ!」と言いました。まったく、その通りです! とても天気の良い、素晴らしく晴れた日でも、突然激しい雨が降り出す。雨は1時間ほど降り続け、次第に止みます。シアトルというのはそういう街なんです!

しかし、たとえ寒くて雨でも、このプロジェクトに関わっているたくさんの人々と共に仕事ができたことは本当に素晴らしい体験となりました。そして、もう1人、光栄にもご一緒させていただいた方は、女優の岸惠子さん。岸さんと彼女のマネージャーさんを車であちらこちらにお連れしている途中に、ハリウッドのパーティでケーリー・グラントに会ったときの話など、彼女の素晴らしいキャリアの中で生まれた逸話を聞かせてもらい、楽しい時間を過ごすことができました。

そんなわけで今回は、アイダホ州モスクワよりお届けしました。またすぐにお会いしましょう。チャンネルはそのままで。お楽しみに!



TBS開局60周年記念ドラマ「JAPANESE AMERICANS」
http://www.tbs.co.jp/japanese-americans/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top