【TIFFレポート17】「ビバヒル」のあの人も乱入! 矢口をキャサリンに任命 

地底160メートルの洞窟を舞台に、謎の地底生物や恐竜たちがスクリーンから飛び出す、迫力満点の冒険SFスペクタクル『センター・オブ・ジ・アース』。ディズニーシーのアトラクションの原案ともなった140年前に書かれた傑作「地底旅行」を3D技術によって実写化した本作が、10月25日(土)からの公開を前に、特別招待作品として21日(火)に上映された。上映前の舞台挨拶には、本作の日本語吹き替えを担当した沢村一樹、矢口真里、入江甚儀が登壇した。

最新ニュース
ディランも駆けつけた『センター・オブ・ジ・アース』舞台挨拶 矢口真里、沢村一樹、入江甚儀
  • ディランも駆けつけた『センター・オブ・ジ・アース』舞台挨拶 矢口真里、沢村一樹、入江甚儀
地底160メートルの洞窟を舞台に、謎の地底生物や恐竜たちがスクリーンから飛び出す、迫力満点の冒険SFスペクタクル『センター・オブ・ジ・アース』。ディズニーシーのアトラクションの原案ともなった140年前に書かれた傑作「地底旅行」を3D技術によって実写化した本作が、10月25日(土)からの公開を前に、特別招待作品として21日(火)に上映された。上映前の舞台挨拶には、本作の日本語吹き替えを担当した沢村一樹、矢口真里、入江甚儀が登壇した。

3Dメガネをしっかりとスタンバイした観客を前に、主人公・トレバー役の沢村さんは「所々びっくりするシーンがあるので、みなさんいまのうちからどっち側によけるか決めといた方がいいですよ」と挨拶。矢口さん扮するガイドのハンナとのキスシーンが注目の的となっているが、「監督に“感情を込めすぎ”と注意されたんです。ぼくがやるとR-18指定になるので…。でも画面から聞こえる矢口さんの声がいつもと違って本当に色っぽくてびっくりしました。実際にやったら背の差がありすぎて大変なんじゃないかな。ちょっとやってみようか?」と真剣な目で矢口さんに語りかけ、相変わらずの下ネタ好きを披露した。

矢口さんに「近年まれに見る純真な子」とべた褒め(?)された弱冠15歳の入江さんは、冒険の仲間・ショーン役に挑戦。「観るというよりは体験する映画なので、家族や友達、恋人誰と観ても楽しめると思います。近くの遊園地に行ったような気分で観てください」と元気よくアピールした。

そして、ハリウッド作品の吹き替えといえばこの人。この日はサプライズゲストとして、ビバリー・ヒルズから乗ってきたというマイ自転車と一緒にディラン・マッケイ(なだぎ武)が登場! 「この映画にはいろんなドキドキや夢、希望もある。けれど一つだけ欠点がある。それは主演が僕じゃないということだ!」と沢村さんに挑戦状をたたきつけた。曰く、洋画は決まって吹き替えで観るというディラン。「だからこんなキャラになってしまったんだ。吹き替えの賜物だな〜」と日本語吹き替えの魅力を語った。

ディランの横で笑いっぱなしの矢口さんだが、劇中ではセクシーな声を披露し、イメージを一新している。以前から声優をやるのが夢だったと目を輝かせる矢口さん。「実はディラン&キャサリンが大好きで、今回お手本にしたのがキャサリンなんです。すごく参考になりましたし、キャサリンさんにはすごく感謝しているので、よろしくお伝えください」と告白した。これにはディラン、「おれには感謝はないのか?」と突っ込むも、声優としての矢口さんを絶賛し、勝手に次代キャサリンに任命するまでに。

ちなみに吹き替えの先輩として登場したはずのディランだが、「こういうキャラだけど、一回も吹き替えをやったことがないんだよ」とのこと(笑)。そんなディランも大絶賛の『センター・オブ・ジ・アース』は10月25日(土)よりTOHOシネマズ六本木ほか全国にて公開。

第21回東京国際映画祭特集
http://www.cinemacafe.net/fes/tiff2008/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top