『ダークナイト ライジング』、YouTubeで今年最も視聴回数が多かった映画予告編に

最新ニュース

トム・ハーディ
  • トム・ハーディ
『ダークナイト ライジング』が、「YouTubeで今年最も視聴回数が多かった映画予告編」となった。同作の予告編の視聴回数は2,600万回を記録し、全体のランキングでも3位にランクインしている。

全体ランキングでトップに立ったのは、一人称シューティングゲーム「コール オブ デューティ」シリーズ最新作「コール オブ デューティ ブラックオプスII」が上位2位を独占。1位は視聴回数3,500万回、2位のでは2,900万回と驚異の視聴回数を誇っている。

映画では『007 スカイフォール』が全体で4位、『テッド』が5位、『ハンガー・ゲーム』が6位に入っているほか、TV番組の予告編としてトップを飾ったのは米NBC局の「レボリューション」が7位となった。

YouTubeで今年最も視聴回数が多かった予告トップ10
1位:「コール オブ デューティ ブラックオプスII」公式ライブ・アクション予告編「サプライズ」
2位:「コール オブ デューティ ブラックオプスII」公式予告編「リビール」
3位:『ダークナイト ライジング』公式予告編第3弾
4位:『007 スカイフォール』公式予告編
5位:『テッド』予告編
6位:『ハンガー・ゲーム』劇場予告編第2弾
7位:「レボリューション」予告編
8位:「コール オブ デューティ ブラックオプスII」公式予告編「マルチプレーヤー・リビール」
9位:『007 スカイフォール』公式特別予告編
10位:「コール オブ デューティ ブラックオプスII」公式予告編「ローンチ」
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top