9年愛に終止符。レイチェル・ワイズとダーレン・アロノフスキーが破局

『ナイロビの蜂』でオスカー助演女優賞候補になったレイチェル・ワイズと、『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督が数か月前に婚約を解消していたことが分かった。2人の間には4歳になる息子、ヘンリー・チャンスくんがいる。

最新ニュース ゴシップ
レイチェル・ワイズ&ダーレン・アロノフスキー -(C) Press Association/AFLO
  • レイチェル・ワイズ&ダーレン・アロノフスキー -(C) Press Association/AFLO
『ナイロビの蜂』でオスカー助演女優賞候補になったレイチェル・ワイズと、『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督が数か月前に婚約を解消していたことが分かった。2人の間には4歳になる息子、ヘンリー・チャンスくんがいる。

9日、彼らの代理人がゴシップ・サイト「TMZ.com」に「レイチェル・ワイズとダーレン・アロノフスキーは数か月前に別れましたが、親しい友人として、共にニューヨークで息子を育てていきます」と語った。破局の理由は明らかにされていない。子育てを大切に考え、互いの仕事のスケジュールを調整し、できる限り家族が一緒に過ごせる努力をしているとレイチェルはかつてインタビュー等で語っていたのだが。

2人の交際は9年間に及び、2006年にアロノフスキーはレイチェルを主演に迎えて『ファウンテン 永遠につづく愛』を監督している。2人はJFK夫人のジャッキー・ケネディの伝記映画の製作も計画していたが、今回の破局により、この企画が実現するかどうかも微妙になった。



写真は9月。トロント国際映画祭でアロノフスキー監督作『ブラック・スワン』(仮題)が上映された際のもの。
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top