わがままプリマドンナを演じたウィノナ・ライダーが思い出した初恋の人とは?

ダーレン・アロノフスキー監督の『ブラック・スワン』でバレリーナを演じたウィノナ・ライダーが、主演のナタリー・ポートマンに撮影中の態度を詫びるメッセージを送ったと明かした。わがままなプリマドンナを演じながら、彼女が思い出したのは初恋の人だという。

最新ニュース ゴシップ
ウィノナ・ライダー -(C) REUTERS/AFLO
  • ウィノナ・ライダー -(C) REUTERS/AFLO
ダーレン・アロノフスキー監督の『ブラック・スワン』でバレリーナを演じたウィノナ・ライダーが、主演のナタリー・ポートマンに撮影中の態度を詫びるメッセージを送ったと明かした。わがままなプリマドンナを演じながら、彼女が思い出したのは初恋の人だという。

ウィノナの演じた役はナタリーの役に対して意地悪な態度を取り続ける設定。彼女は「撮影が終わった後、ナタリーに『撮影中に酷いことを言い続けてごめんなさい』とメッセージを送ったの」と言う。撮影で印象に残っているのは最終日に撮った、楽屋をめちゃくちゃにするシーンとのこと。「私の最初のボーイフレンドのことを思い出したわ。何でも壊す人だった。18歳のときって、全てがドラマティックなのよ。当時、私も真似をしてエビアンのボトルを投げたりしたけど、うまくいかなくて、彼に笑われたわ」。

ちょっと気になるのは、話題に登場するウィノナの最初のボーイフレンドのこと。彼女が18歳のときに付き合っていたのはジョニー・デップなのだ。以前のインタビューでウィノナは「初めて本当のキスをしたのも、恋人になったのも、婚約したのもジョニー」と語っていた。名前こそ出さなかったが、20年近く前の初恋はいまも鮮明な記憶として残っているようだ。



© REUTERS/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top