『アバター』ヒロインが明かす“開放感” 「5歳の子供のように心を開いて演じたわ」 6枚目の写真・画像

ジェームズ・キャメロン監督の12年ぶりとなる渾身の一作『アバター』。本作で、美しき惑星パンドラの先住民族・ナヴィの娘、ネイティリを演じたのは、『バンテージ・ポイント』、『スター・トレック』での好演が光るゾーイ・サルダナ。本作でも、鉱物資源を求めパンドラへと兵を進める人類から故郷を守るべく戦い、そしてサム・ワーシントン扮するジェイクと恋に落ちるヒロインを熱演している。環境問題、資源を求めての侵略、異なる文化や価値観を持つ者との共存など、2時間半超の物語の中に監督が詰めこんだ様々なテーマを彼女はどのように感じ、どのように演じたのか? 直接話を聞いた。

最新ニュース
『アバター』 ゾーイ・サルダナ
『アバター』 ゾーイ・サルダナ

編集部おすすめの記事

特集

page top