最新ニュース コラム記事一覧(5 ページ目)

【シネマ羅針盤】第90回アカデミー賞、やっぱり黒一色? 今年の受賞式は何が起きるか 画像
コラム

【シネマ羅針盤】第90回アカデミー賞、やっぱり黒一色? 今年の受賞式は何が起きるか

映画界最大の祭典である第90回アカデミー賞が3月5日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される。昨年は「作品賞の発表ミス」という前代未聞のハプニングがあったが、記念すべき第90回授賞式では、どんなドラマが生まれるか?

【独女のたわごとvol.42】生々しい魅惑的な映像で“美しさ”に目覚める『The Beguiled』 画像
コラム

【独女のたわごとvol.42】生々しい魅惑的な映像で“美しさ”に目覚める『The Beguiled』

こんばんは、古山エリーです。冬は寒さから身を守るために身体は脂肪をためる=太るのは仕方のないこと、とかなんとか理由をつけて、最近は体重計から目を背けております。

【ドラマニア】背筋も凍る!「狂気的男子」が癖になる女子続出のワケ 画像
コラム

【ドラマニア】背筋も凍る!「狂気的男子」が癖になる女子続出のワケ

寒い季節にぴったり! 冬ドラマには、思わず背筋の凍るようなSっ気たっぷりの男子が続々登場。「予想以上にハマる」「見れば見るほど癖になる」と、女性たちの話題を一身に集めているのをご存知ですか?

大杉漣、最後まで“バイプレーヤー”であり続けた名優を偲ぶ 画像
コラム

大杉漣、最後まで“バイプレーヤー”であり続けた名優を偲ぶ

俳優の大杉漣さんが、2月21日未明に66歳で急逝した。

【シネマVOYAGE】人生の終わりに向けて、自分と周囲を変えた1人の女性 画像
コラム

【シネマVOYAGE】人生の終わりに向けて、自分と周囲を変えた1人の女性

必ず旅の終わりはやってくる、これからどんな人生を送りたいのか、どんな旅に出たいのか、そんなふうに旅と人生について考えるきっかけは『あなたの旅立ち、綴ります』という映画でした。

向井理、「きみ棲み」の冷酷キャラ話題!新境地への軌跡を追う 画像
コラム

向井理、「きみ棲み」の冷酷キャラ話題!新境地への軌跡を追う

吉岡里帆が連続ドラマ初主演を務めている「きみが心に棲みついた」。本ドラマで、オドオド、キョドキョドした主人公を演じる吉岡さん以上に、文字どおり“心に棲みつく”強烈なキャラクターに扮しているのが、向井理だ

【最新CM考】川栄李奈&吉沢亮、石田ゆり子&ムロツヨシ…いま気になる最旬カップル 画像
コラム

【最新CM考】川栄李奈&吉沢亮、石田ゆり子&ムロツヨシ…いま気になる最旬カップル

CM界には見るも羨ましい、息もぴったりの仲良しカップル&夫婦が続々と登場している。そんないま気になる最旬カップルに注目してみた。

【ドラマニア】“社会派”オリジナルドラマが大反響!見どころ徹底分析 画像
コラム

【ドラマニア】“社会派”オリジナルドラマが大反響!見どころ徹底分析

観た人全てが「うんうん、わかる!」と圧倒的に共感するのではなく――普段、何となく見て見ぬふりをしてきた現実が、ものすごく身近なものとして胸にズドンと刺さる鋭利なドラマが豊富な1月クール。代表的な2作品を例に見所を分析。

【シネマカフェ的海外ドラマvol.375】いま観たいのは、ピュアティモシー or ダークティモシー? 画像
コラム

【シネマカフェ的海外ドラマvol.375】いま観たいのは、ピュアティモシー or ダークティモシー?

いま最も注目を集める若手俳優となったティモシー・シャラメ。『君の名前で僕を呼んで』では、アカデミー賞の主演男優賞にノミネート。『レディ・バード』でも圧倒的な存在感を放っています。今回はティモシー全力応援企画として、海外ドラマでの活躍に迫ります。

新田真剣佑のすべてを知りたい!「ドメキス」“ブラック尊氏”で話題沸騰 画像
コラム

新田真剣佑のすべてを知りたい!「ドメキス」“ブラック尊氏”で話題沸騰

北村匠海から「苦手だったイケメン俳優M」とバラエティ番組内で告白され(実際は大の仲良し!)、共演の多い広瀬すずからは「めっちゃストイック」と評される男。

原作&実話を抑えて“完全オリジナル”が初登場1位!『今夜、ロマンス劇場で』高評価の理由 画像
コラム

原作&実話を抑えて“完全オリジナル”が初登場1位!『今夜、ロマンス劇場で』高評価の理由

綾瀬はるかと坂口健太郎の豪華共演によるファンタジックなラブストーリー『今夜、ロマンス劇場で』が、2月10日(土)より全国298館の劇場で公開され、大ヒットNo.1スタートを記録

石田ゆり子、しなやかで可愛い大人に誰もが夢中!躍進の理由とは 画像
コラム

石田ゆり子、しなやかで可愛い大人に誰もが夢中!躍進の理由とは

「奇跡のアラフィフ」としてブレイク中の石田ゆり子。そんな石田さんの全編撮り下ろし、書き下ろしのフォト&エッセイ集「Lily-日々のカケラ-」(文藝春秋)が、先月発売され、3度目の“重版出来”で14万5,000部(2月1日時点)発行という大ヒットとなっている。

【シネマ羅針盤】ジャニーズ肖像の一部ネット解禁、「2020年」前に海外メディアを意識? 画像
コラム

【シネマ羅針盤】ジャニーズ肖像の一部ネット解禁、「2020年」前に海外メディアを意識?

ジャニーズ事務所が所属タレントの肖像を、一部ネット解禁してから早1週間。以前からウェブ媒体関係者の間では「そろそろでは?」と期待する声が上がっていたが、いざ実現されると「本当にこの瞬間が訪れたのか」としみじみしてしまった。

『ハン・ソロ』『アベンジャーズ』『M:I 6』…初出し映像が“スーパーボウル”で怒涛の解禁 画像
コラム

『ハン・ソロ』『アベンジャーズ』『M:I 6』…初出し映像が“スーパーボウル”で怒涛の解禁

「スター・ウォーズ」シリーズのもう1つの物語として、若き日のハン・ソロを描く『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の初映像がついにお披露目された。

“トトロ”じゃないよ!愛され監督ギレルモ・デル・トロが描く作品たち 画像
コラム

“トトロ”じゃないよ!愛され監督ギレルモ・デル・トロが描く作品たち

「日本、大好き」と親日家を名乗る俳優や監督は数多いが、ギレルモ・デル・トロはガチ。しかも筋金入りの“オタク”。ウルトラマンや怪獣たち、「マジンガーZ」などのロボットアニメを愛するあまり、2013年『パシフィック・リム』を

深田恭子の癒し力が止まらない!“ほんわか”と“大胆さ”が醸す魅力に迫る 画像
コラム

深田恭子の癒し力が止まらない!“ほんわか”と“大胆さ”が醸す魅力に迫る

ドラマ「隣の家族は青く見える」で、妊活に励む妻を演じる女優・深田恭子の好演が話題だ。不妊治療という極めてデリケートな問題に切り込みながらも、トーンが決して重くならないのは、深田さん自身のふわりとした魅力が大きなカギとなっているように感じる。

【独女のたわごとvol.41】自分らしくていいじゃない!前向きに生きていく『アバウト・レイ 16歳の決断』 画像
コラム

【独女のたわごとvol.41】自分らしくていいじゃない!前向きに生きていく『アバウト・レイ 16歳の決断』

こんばんは、古山エリーです。先日の大雪にはじまり大寒波が続いておりますが、風邪やインフルにかかっていないでしょうか。ひとり暮らしで体調を崩したときは、誰も頼れる人がいない…心細くて切なくなります。

【シネマモード】「レズビアンではなく、トランスジェンダー」“本当の自分”を伝える自己表現とは 画像
コラム

【シネマモード】「レズビアンではなく、トランスジェンダー」“本当の自分”を伝える自己表現とは

自分の思いがなかなか正しく伝わらないというもどかしさ、誰にでも覚えがあるのではないでしょうか。『アバウト・レイ 16歳の決断』の主人公は、女の子としての自分の身体に違和感を覚える16歳のトランスジェンダーの男の子です。

【イマ旬!ハリレポ】現地目線!第90回アカデミー賞レース特集~ノミネーション必至の女優&男優編 後編 画像
コラム

【イマ旬!ハリレポ】現地目線!第90回アカデミー賞レース特集~ノミネーション必至の女優&男優編 後編

今年のアカデミー賞主演女優賞レースは、ベテラン女優の間で接戦が繰り広げられている。現時点で主演女優賞ノミネーション必至と見られているのは『スリー・ビルボード』のフランシス・マクドーマンド。

【シネマ羅針盤】“大切なこと”すべてが詰まった200点満点の傑作『パディントン2』 画像
コラム

【シネマ羅針盤】“大切なこと”すべてが詰まった200点満点の傑作『パディントン2』

紳士なクマのパディントンが、新たな故郷ロンドンで冒険を繰り広げるシリーズ最新作『パディントン2』が公開中だ。前作の大きな魅力だった心温まる物語に加え、謎解きのスリルや、トム・クルーズも顔負けのアクション要素がパワーアップした200点満点の傑作である

門脇麦、「トドメの接吻」謎の“キス女”は新世代カメレオン女優の真骨頂 画像
コラム

門脇麦、「トドメの接吻」謎の“キス女”は新世代カメレオン女優の真骨頂

最旬女優であるのに、どこか儚げで寂しげ、映画『愛の渦』などで妖艶な体当たり演技を見せる一方、ヒロインを大らかに包み込む親友役も演じられる門脇麦。

【ドラマニア】圧倒的な“スピード感”に中毒者続出!? 冬ドラマの傾向を徹底解析 画像
コラム

【ドラマニア】圧倒的な“スピード感”に中毒者続出!? 冬ドラマの傾向を徹底解析

2018年の始まりを彩る、冬クールドラマがついにスタート! 第1話の放送が続々と封切られ、早速大きな盛り上がりを見せています。その最大の理由は、物語の“スピード”。各局がしのぎを削る初回放送に秘められた共通点とは。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 20
  12. 30
  13. 40
  14. 50
  15. 最後
Page 5 of 99
page top