ジョニー・デップ×コスプレ=大ヒット? T・バートンが生みの親の法則を検証

最新ニュース

『ダーク・シャドウ』 -(C) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
  • 『ダーク・シャドウ』 -(C) 2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
  • 『チャーリーとチョコレート工場』
  • 『チャーリーとチョコレート工場』、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』、『ティム・バートンのコープスブライド』
  • 『チャーリーとチョコレート工場』
  • 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
  • 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
  • 『ティム・バートンのコープスブライド』
  • 『ティム・バートンのコープスブライド』
間もなくティム・バートン監督と共に新作『ダーク・シャドウ』を引っさげ来日予定のジョニー・デップ。これまで数多くのヒット作品に出演してきたハリウッドきっての大スターであるジョニーだが、その代表作における“メガヒットの法則”を発見! ジョニーのこれまでの出演作からその法則を検証してみたい。

奇抜なコスプレで個性豊かなキャラクターを演じるたびに、世界中に新鮮な驚きと予測不能のどよめき、そして感動をもたらしてきたジョニー。“カメレオン俳優”と呼ばれる彼の主演作は多数に及ぶが、世界だけでなく国内の過去興行成績を見ても、記録的メガヒットを遂げているのは、彼が“コスプレ”を披露しているものばかりなのだ。

その代表格といえば、シリーズで世界興行収入合計36億ドル以上を稼ぎ出した『パイレーツ・オブ・カリビアン』。当たり役となったジャック・スパロウ船長役で新境地を開いたジョニーだが、その後、奇抜なお菓子屋に扮した『チャーリーとチョコレート工場』('05)では日本興行収入50億円を突破。さらに一昨年には、アリスと共に戦う帽子屋に扮した『アリス・イン・ワンダーランド』で社会現象となる日本興行収入110億円越えの大ヒットを記録した。この記録を見ただけでも「ジョニー×コスプレ=大ヒット」という法則に確信が芽生えてくる。

もちろん、これらの作品の合間合間にも“コスプレなし”で数々の映画に出演しているジョニーだが、彼の出演作でお気に入り作品を聞けば、きっと前述した“コスプレ”作品を挙げる人が多いだろう。実際、昨年ジョニーファンの読者を対象にしたアンケートを実施したところ、1位『パイレーツ・オブ・カリビアン』、2位『シザーハンズ』、3位『チャーリーとチョコレート工場』という結果になった。

また、この「ジョニー・デップ×コスプレ=大ヒット」の生みの親と言えるのが、ティム・バートン監督。その初タッグ作で、ジョニーが初めて奇抜な衣裳で登場したのが『シザーハンズ』('91)である。当時バートン監督は、主人公の第1候補だったトム・クルーズではなく、ほとんど無名の新人でアイドル俳優だったジョニーの才能に賭けた。本作で、ジョニーは愛する人に触れるたびに傷つけてしまうハサミの両手をもった人造人間・エドワードを演じ、その数奇な運命が感動を呼び、世界中で大ヒットを記録した。以来20年以上もの間、ハリウッドを代表する最強のコンビとして常に新たな作品を世界に贈り出してきたジョニー&バートン監督。その8度目のタッグ作となる『ダーク・シャドウ』では、ジョニーは蒼白な顔色で漆黒の巨大マントを羽織るインパクト大のヴァンパイア、バーバナスを熱演! これまでの系譜通りならば、本作の大ヒットも間違いなし? ジョニー×バートン監督が誕生させた新たなるキャラクターにに期待が高まる。

『ダーク・シャドウ』は5月19日(土)より丸の内ルーブルほか全国にて公開。

<セル>
「チャーリーとチョコレート工場」[ブルーレイ]
価格:2,500(税込)

「チャーリーとチョコレート工場」[DVD]
価格:1,500(税込)

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」[ブルーレイ]
価格:2,500(税込)

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」[DVD]
価格:1,500(税込)

「ティム・バートンのコープスブライド」[ブルーレイ]
価格:2,500(税込)

「ティム・バートンのコープスブライド」[DVD]
価格:1,500(税込)


発売中
発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top