NAACP(全国有色人種向上協会)イメージ・アワードで『プレシャス』6冠!

最新ニュース

NAACPイメージ・アワードで6冠を獲得した『プレシャス』の面々 -(C) Retna UK/AFLO
  • NAACPイメージ・アワードで6冠を獲得した『プレシャス』の面々 -(C) Retna UK/AFLO
NAACP(全国有色人種向上協会)がアメリカ国内の映画やTV、音楽、文学の世界で際立った活躍をした人物に贈るNAACPイメージ・アワードが先月26日にロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで開催、映画部門8部門で候補となっていた映画『プレシャス』が、作品賞と監督賞(リー・ダニエルズ)を含む6部門を受賞した。

『プレシャス』は上記2部門以外に、インディペンデント作品賞、最優秀女優賞(ガボレイ・シディビー)、最優秀助演女優賞(モニーク)、映画脚本賞(ジェフリー・フレッチャー)も受賞。演技経験ゼロにして栄誉に輝いたガボレイは授賞スピーチでモニークをはじめとする共演者たちに感謝の言葉を述べ、「ノミネートされるのは光栄だけど、受賞するのは最高です。勝つのは大好き!」と喜びを爆発させた。

同賞の映画部門では、モーガン・フリーマンが『インビクタス/負けざる者たち』で最優秀男優賞、アダム・ロドリゲスが『I Can Do Bad All By Myself』(原題)で助演男優賞に輝いた。

『プレシャス』は7日(現地時間)に発表されるオスカーでも作品賞をはじめ主要6部門で候補となっている。果たしてどんな結果になるだろうか?



特集:2010アカデミー賞
http://www.cinemacafe.net/special/oscar2010/

© Retna UK/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top