ジュードは家族同伴 ジョニー&あの4人組に熱狂!来日スターでふり返る1年 前編

最新ニュース

(左から)サラ・ジェシカ・パーカー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ
  • (左から)サラ・ジェシカ・パーカー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ
  • “家族”同伴で来日したジュード
  • ジュード・ロウ
  • ジョニー・デップ&ティム・バートン
  • ハリウッドのゴールデンコンビが揃って来日!
  • 強行スケジュールでの来日でファンのハートをガッチリキープ!
  • ラブコメの帝王降臨
  • 脱いでもかっこいい!
『アバター』に『アリス・イン・ワンダーランド』に『トイ・ストーリー3』と今年は洋画3本が日本国内で興行収入100億円を突破(※『アバター』は2009年公開)。少し前まで“和高洋低”などと言われていたが、3D旋風もあって洋画が盛り返した格好だ。もちろん盛り上がったのは興行成績だけにあらず。主演作を引っ提げて今年もハリウッドから、さらにはヨーロッパ、そしておとなりの韓国から華やかなスターたちが来日を果たした。それでは年末恒例となったスター来日でふり返る1年! まずはハイスピードで上半期から。

先述の『アバター』による歴代最高興行収入更新に、オスカーの史上初の女性監督の戴冠(『ハート・ロッカー』/キャスリン・ビグロー監督)など歴史的な“事件”が相次いだ上半期。2月には『シャーロック・ホームズ』を携えて日本でも大人気のジュード・ロウが来日。昨年、本作撮影中に知り合った女性モデルとの間に女児が誕生したことが報じられたジュードだったが今年はかつての恋人、シエナ・ミラーと奇跡の(?)復縁。この2月の来日時には「“家族”と一緒に来日できて嬉しい」と語り話題に。その後もたびたび正式に結婚するのでは? といった報道があったが果たして?

3月にはなぜか大人気のスターたちが続々と来日! 「どうせ来日するなら月をずらしてくれ…」という報道陣のボヤキが聞こえてきそうだが、もちろんファンは大喜び。“ラブコメの帝王”ヒュー・グラントと“目で妊娠させる男”ベニチオ・デル・トロが超ニアミス来日。さらにはレオナルド・ディカプリオ『シャッター アイランド』を携えて来日、しかも記者会見の模様がUSTREAMで全世界に中継された。だが、このを制したのはやはりこの人。『アリス・イン・ワンダーランド』ジョニー・デップ『ツーリスト』撮影の間を縫って駆けつけ話題をさらった。当初、日帰りが予定されていたが、フライトの関係で1泊するというファンにとっては嬉しいハプニングも!

さらに4月には『アバター』『ターミネーター4』と次々と話題作に出演しているサム・ワーシントンが、3D大作『タイタンの戦い』を引っ提げて来日。イベントインタビューで、シャイ&お茶目な一面をのぞかせてくれた。

そして上半期の最後を締めてくれたのは、揃っての来日は初めてとなる『セックス・アンド・ザ・シティ2』4人組。サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソンがステージに揃うと観客は熱狂。4人並ぶだけでこんなに舞台がまぶしくなるのか! と実感。「SATC」パワーを改めて見せつけてくれた。

急ぎ足でふり返った上半期。「ああそういえば…」、「え? これって今年の前半だっけ?」というニュースも多かったのでは? もちろん9月以降も人気俳優陣が大挙して来日。続きは後編にて!
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top