オスカー候補者たちの喜びの声が続々登場

最新ニュース

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』プロモーションのために現在、パリを訪れているブラッド・ピット  -(C)  HOUNSFIELD Pierre/Gamma/Eyedea/AFLO
  • 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』プロモーションのために現在、パリを訪れているブラッド・ピット  -(C)  HOUNSFIELD Pierre/Gamma/Eyedea/AFLO
22日に発表された第81回アカデミー賞のノミネーション。各部門の候補になった作品に出演したり、自らも俳優として候補になったハリウッド・セレブたちの喜びの声が早速届き始めた。

13部門にノミネートされた『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で自身も主演男優賞候補となったブラッド・ピットは「この映画にとって大変な栄誉だ。(監督の)デヴィッド・フィンチャーについて、特に嬉しく思う。彼なくしてはベン・バトンという男は存在しなかったのだから」と声明を発表。
パートナーのブラピに負けじと『チェンジリング』で主演女優賞候補になったアンジェリーナ・ジョリーも「クリント・イーストウッドと一緒に仕事できたこと自体がご褒美のようなもの。この経験は一生忘れません」と、監督への敬意を表した。

『レイチェルの結婚』で主演女優賞に初ノミネートとなったアン・ハサウェイは「才能あふれる女性たちと同じカテゴリーに置いてもらえるなんて、すごい喜びだわ。このニュースは両親と愛犬と一緒に聞いたけど、家族全員で大喜びしたの。犬は何が何だかよく分かってなかったみたいだけど。今日は女優でいることが本当に素敵な日よ」と語った。

『ミルク』で助演男優賞候補となったジョシュ・ブローリンは、昨年オスカーの目玉作『ノーカントリー』にも出演していたが、共演を通じて親しくなったハビエル・バルデムが一報を聞き、スペインから電話をかけてきてくれたとか。友人がノミネーションを受けたことを喜び「大声をあげながら、通りを走り回ってる」そうだ。



『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』プロモーションのために現在、パリを訪れているブラッド・ピット。

© HOUNSFIELD Pierre/Gamma/Eyedea/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top